カテゴリ:雑記あれこれ( 67 )

 

ずっと宝物にします

お手紙も、プレゼントも、こんなにいただけるなんて、
思ってもみませんでした。
頑張ってきた成果が、この皆さんのお心づかいなら
ホントに、もう何も思い残すことはないな、って、思えるくらい。

ずっと、大事にしますね。

a0164049_20162.jpg


人生は、重ねた『時間』でできています。
琥珀茶菓で過ごす『時間』が大好きだったと、言って下さるたびに
これほどの褒め言葉は無いなあって、また、うるうる、うるうる。

人間は、重ねた記憶でできています。
くださった記憶が、次の私を作っていきます。

本当に、私は幸せです。



 
  
 
[PR]

by kohakuchaka | 2016-03-20 20:04 | 雑記あれこれ  

お花屋さんと、お菓子屋さん

朝、開店して、わあーっと慌ただしくなっていると、
「お花のお届けでーす」という声。
振り返ると、ひとかかえもある、豪華なピンクの花の渦。
「フェリシアさまからです」
と、花の向こうから、配達の方が顔を出しました。
a0164049_2364192.jpg

私が好きな色でできた花束を抱き取ったとき、思わずぽろぽろ涙がこぼれました。
おかあさんが、驚いて、どうしたん、と聞いてくれたけど
どう、の内容を、うまく言えませんでした。

ありがとう、としか、言えないの。

プリザーブドフラワー専門店のフェリシアさんのオープンは、
琥珀茶菓の1ヶ月前。ほぼ同時期です。
こちらが開店して、すぐ、お茶を飲みに来てくれて、
「私、そこの花屋です」と笑いかけてくれた顔を、今も覚えています。

開店当初、さんざんいろいろ言われた私を、ずっと支えてくれました。
当時、コーヒーない店なんていらん、って言われるのはいつものことだったけど、
ある人に、「いつ潰れるんかな~っ♪て、みんな言うてるわ」
って目の前で言われたときは、さすがに落ち込みました。
身内からも、「今日もヒマですか(笑)」ってメールきて。
軽口のつもりだったとか、冗談だとか、そんな問題じゃないんです。
誰も私を信じてくれないっていう状況が、こんなにつらいと思わなかっただけ。

私が落ち込むたびに、フェリシアさんは
「琥珀さんは大丈夫ですよ!」と力説してくれました。
ここのお菓子のこと、あの人も美味しいって言ってた、この人も美味しいって言ってた、
って数え上げて、励ましてくれました。
私がしょんぼりしていると、
「みんな琥珀さんのこと応援してます」って、メールくれて。

店が軌道に乗るまでの一年近く、
自分自身を信じられなくなりそうな私を
「琥珀さんは絶対大丈夫!」って、ずっと信じてくれた。
そのおかげで、今があるんです。

本当に、
そばにいてくれてありがとう、としか、言いようがなくて。
どれほどたくさん、どれほど大きなものをもらってきたか、うまく言葉にできないの。

最後も、こうやって、お店を飾ってくれて、本当に、ありがとう。

お店、先にやめちゃって、ごめんね。ホントにごめんね。
まだ、なんにも返してないのにね。


 
 
[PR]

by kohakuchaka | 2016-03-14 20:38 | 雑記あれこれ  

いやはや

えーと…なんか各方面から心配されているんですが(笑)。

私が書いているのは昔からの思考傾向であって、特定の事実に拠るものではありません。
心配おかけしてすみません。

というか、自分のプライバシーを公開するシュミもないし…。
そもそも、救急車手前の病気になっても、わざわざ書いたりしませんのに
何かされたくらいでここにグチグチ書いたりしません(笑)。

でもね。
タレントさんにひどい書き込みしたり、テレビの前で言ったり、
でなくても、特定国籍の人を否定したり、
言い返せない立場・性格の人に自分が言われたらどう思うのかってことを言ったり…
そういうの、全くしたことがない人が、何人いるでしょう。
と、ネットを見ていてもしょっちゅう思います。

誰もが加害者になり得るし、誰もが被害者になり得るのだから
よく気をつけましょうね、っていう話。
を、それとなく言ったつもりが、なんせ文章力が無いもので。



 

 
[PR]

by kohakuchaka | 2016-02-26 19:27 | 雑記あれこれ  

あなたの時間を、わたさないで

どの時代、どの地域にも、一定数の心の良くない人が必ずいるので、
大半の人が、意地悪や中傷に遭うと思います。
たまに、発狂したように他人を攻撃する人もいますが、あれは何なんでしょうかね。

本当に、不幸な人だなーと思う。 被害者がでなく、加害者が。

だって、考えてもみて。
人生の時間には限りがあり、決して元に戻らない。
その貴重な時間は、楽しいことをしたり、学んだりにいくらでも使えるのに、
せっせと人を呪って使うって、なんて楽しくない人生。
もうそれ自体が天罰でしょう。そんな人間になっちゃって。

Lily Allenの歌じゃないけど、
”ねえ、ねえ、聞いていい? 憎しみに浸かって生きてて、それで楽しい?
ココロのネジが一本飛んでて、自分すらコントロールできないなんて
それってホント、哀れだわ”

肥大した自尊心と、人を憎み続ける限り決して埋まらない絶対的な孤独を抱えて
自分を不幸にし続けるなんて、
嫌味とかじゃなくて、本心から、かわいそう。
嘘を捏造し、悪口を言い続けるその舌と言葉は、
自身の表情を歪ませると同時に、
周囲が「こわーっ…」っと引いているのに、それも気づかず、人を失うばかり。

あなたが聖人なら、そういう人を救済してあげたらいいと思いますが
聖人じゃないなら、もう、関わらないでおいときましょう。

中傷してくる人に、仕返しなんて、必要ないし、
というか、嫌う必要すら、ないと思う。
悪い人にはいつか報いがあるとか、そんな希望的観測しなくても
既にその人、自分で罰を与えていると思うんだけど。

あなたの人生の時間は、あなたのもの。
いやな人になんて、与えないで。楽しいことに使って。

ゴミ箱を肌身離さず持ち歩いて、蓋を開けてはくさいくさいと言う人がいたら、
笑っちゃうでしょ。
イヤなことを思い出しては愚痴るなんて、それと同じ。
いやな人にずーっとかまってるなんて、大切な人生の時間がもったいない!


そういうお話しも、青少年にしてみます。

あ、大丈夫です、もうちょっとソフトに言います(笑)。
[PR]

by kohakuchaka | 2016-02-24 17:08 | 雑記あれこれ  

いつの間にか、高校生の倍も生きてました

来月3日は、高校生に講話をしに行くため、営業を午後からとさせていただきます。

紆余曲折をむしろ自分で作りながら生きてきたので、思うところはいろいろとあり。
私の話から何かしら感じて、ちょっとでも何かのヒントになるといいな。

人生の先達の言葉って、何かの解になることがあると思うんですよ。

私の人生最初のメンターは父でした。
高度経済成長期から、バブルを越え、不況をくぐってきた社会人であり
覚悟と美学の据わった人柄で、言葉に力がある人。
子供たちに仕事の話をすることはほとんどなかったけど、
日曜日の夕食の後、そのテーブルで、しばらく話をしてくれることがありました。

例えば、私が中学生の時に、ある話の流れで言っていたのが、
「もしあなたが100%正しくても、世の中の4割が反対するであろう」
ということ。
「4割?」と聞き返したら、
父はちょっと考えて、でも頷きながら、「4割」と、もう一度言ったのでした。

当時、さすがに4割は言い過ぎなんじゃないかと思ったものだけど、
だんだん、意味がわかってくる。
価値観が違うから、心配して反対してくれるから、あるいは嫉妬、牽制、なんとなく、とまぁ
長いものに巻かれたがらない人間には、各種障害が続々現れるのね。
でも、反対を賛成に変えることもできるし、反対するからって味方じゃないとも限らないし
反対される状況からのスタートも、けっこう面白い。

でも何より、
「もしあなたが100%正しくても、世の中の4割が反対するであろう」と
人生の先達に断言されていたことで、妙に心の準備ができているわけですよ。
何か言われても、
「ハイ4割来ました~」
と、心の中で思う。
どうぞどうぞ、来ることなんてわかってたわよ。
あなたの考え方はそうなのね。そういう意見もあるのね。ふむふむ。はい次の方どうぞ。

結局、自分が納得できる選択をするしかない。
誰も、代わりに自分の人生をやってくれるわけじゃないから。
反対なんて、いつだって誰だってあう、ありふれたこと。

ちなみに、私が29歳で店を構える時、周囲は9割がた反対でした(笑)。
でも私は、若い時に決めたの。
『するか、しないか、の選択肢が前に来たら、私は必ず、する、を取る!
 絶対その方が面白い!』
そして今、私は幸せでたまらない。

青少年のみんなに伝えたいのは、
あなたの人生は、あなたのものなんだから、楽しんでね、ってこと。
そして、勉強することで、
感動する人生・人を感動させる人生がもてるから
勉強しないともったいないよ、ってことも。


とりあえず、熱がこもって早口にならないように気をつけないとね。






 
 
 
[PR]

by kohakuchaka | 2016-02-19 23:15 | 雑記あれこれ  

お食事に行ってきました

a0164049_187062.jpg
常連様にオススメいただいていた、スペイン料理のエニェさんに行ってきました~♪
堺筋本町にある、とても雰囲気のいい、オシャレなレストランです。

オープンは去年の6月だそうですが、すでに予約が取りにくくなっているのも納得。
お値段は良心的なのに、お料理が本当に美味しくて。

フェリシアさんと一緒に行ったのですが、ふたりの好きな『素材そのものが美味しい海鮮を、すばらしいソースでいただける』タイプのお料理だったので、ふたりして大喜びでしたよ~☆

教えて下さったお客様に感謝感謝です。
a0164049_18115360.jpg
スペイン料理ですが、ちょっと和食的な発想も入っているのかな。
上品な味つけでした♪



少しずつで11皿出てくるコースは、所要3時間。
居心地の良いお店だったので、時間があっという間に過ぎました。

何をおしゃべりしてたかなー。
時事問題、グルメ話、最近あったこと、生き方・考え方などでしょうか。

美容の話題がほとんど出ないのは、たぶん私側のせいですね(^^;
顔を洗ったら、皮膚科で買っているクリームをチューブから塗るだけ。
本当にそれ一本で終了。だから語ろうにも語れない(笑)。
エステとか、行ったこともないですし。

ただ、中国茶だけは、ずっと飲んでいます。
朝起きたら、まずお茶。毎日、紅茶とプーアル茶をずっと飲んでる。
風邪や虫歯を予防できますし、ビタミン・ミネラルが摂れるし、
血液からキレイに、循環も良くなるので血色良くなります。
中国の茶葉市場に茶葉を買い付けに行っていますけど、
お店の女性たちは、みんな私よりもお茶を飲むので、
肌も髪もツヤツヤで、さすがだなーと思います。

と、これを書きつつ、紅茶を飲んでいます(笑)。

効能もいいけど、香りが良くて、気持ちが落ち着くから、お茶が好き。
上品な甘い香り。透き通る琥珀色。
やっぱり、お茶だけはやめられないわ~。
[PR]

by kohakuchaka | 2016-02-17 19:15 | 雑記あれこれ  

今のきもの

この間、家の用事で東京に行った時、
マルイの若年層向け和服売り場に行ったのですが
ポップで可愛いきものがフロアいっぱいにあって、軽く驚きました。
顧客のほとんどが20代女性だそうです。

クールジャパンの波もあるのか、確実にきもの流行り。
外国人観光客向けの、安いレンタル着物&着付けサービスの店が
京都以外の各都市に続々と出来ていて、
身近に着てみる機会がもてるようになったのもあると思います。

スタッフさん(24歳)がおっしゃるには、
和服が、若い子がファッションとして買える値段になったのは、とても大きいことだ、と。
ポリエステル製のきものなら、仕立て上がりで1万円前後。
大手呉服店の最新生地で、採寸してお仕立て、となっても、ミシン縫いで4万円くらい。
安さに加えて、洗濯機で回せるので、とにかくラクだそうです。

この時、私が買ったターコイズブルーの帯も、絹でしたが安かったです。
なぜならそれは、『京友禅インクジェット染め』。(名前カッコイイ!)
絹に、ハガキのように印刷するんですね。
繊細で色鮮やか。デザインは斬新でモダン。そして手作業より安価。

もちろん、伝統の手仕事と機械モノの商品では、大きな違いがあります。
特に帯締めで感じるんですが、
手組みの帯締めは、ふわっと伸びてギュッと締まり、使いやすいけれど
機械組みのだと、ギシギシして締まりが悪く、やっぱり安いものはそれなりだなー、と思います。

でも、時代は変わるんですから、
次世代が興味を持ち、手に取れるものを作る必要って、あると思うんですよ。
手軽な着物の興隆が、伝統技法への敬意を弱めるわけでもないです。むしろ逆ですよね。

さて、この前のお正月に、妹がきものデビューしまして。
名古屋から会いに来てくれたんですが、その時に着ていたのが、ポリエステルの着物。
”ポリって、テラテラで安っぽいんでしょ?すべって着崩れるでしょ?静電気バチバチでしょ?”
という思い込みを、さらっと払拭してくれました。
もちろん、ものによると思いますが
充分、上品で可愛く、着やすそうでした、ポリ着物。
一枚あると便利ですよね。
絹の着物って、どうしても周囲に気を遣わせてしまいますから。
「ポリなんで汚して平気です」って言ったら
みんなが気を遣わなくて済む、ってシチュエーション、ありますし。

そんな感じで、マイきものブームは続いております…
[PR]

by kohakuchaka | 2016-02-17 18:01 | 雑記あれこれ  

例えば、11月8日

11月8日 日曜日
閉店時間になって、OPENの札をCLOSEDにくるりと返しながら
なんて幸せなんだろう、と、しみじみ思いました。

特別ではない、普通の日。この日いちにちだけでも、いーっぱい、幸せをもらってる。

朝から雨なのに、こんな辺鄙な場所に、次々とお客さまが来て下さること。

洋梨のタルトはご予約で即完売したこと。
食べたことのない商品も、味を信用して買ってくださるんだ。

開店以来、ずっと来てくださっているご常連さま。
私の一番気に入っているキャラメルクグロフを
「すごく美味しい」って、笑顔で追加注文してくださって。
私が一番買い付けに成功したと思うお茶を
「これが一番好きなんですよね」って、飲んでくださって。
この店を、理解してくださるんだ。

本日初回のお客さま。
お会計時に、紙幣の番号を指さしながら、微笑んで
「この3つの数字が入っているとね、幸せを呼ぶんですって。
だからね、私、この番号が入っていたら、別に取っておくんです。
それで、この人、っていう人にあげるの。
あなたも、これを、誰か好きな人にあげてね」 って。
初対面なのに、幸せを願ってくれたんだ。

毎週末必ず来て、のんびりして下さるお客さま。
今日はこの後予定があって、と、ささっと帰られた。
お忙しいのに、それでも、わざわざ来てくださったんだ。

頻繁に来て下さるご常連さま。
私が前から欲しがっていた和装用の小物を
「あげる」って、にこっと手渡してくださる。
わああ。嬉しいな。
いろいろいただいてばかり、教えていただくばかりで、すみません。

仕事帰りに寄ってくれた友人。
いつもの席に座って、お茶を飲みながら
少し談笑して、来週一緒に遊ぶ約束をして。
いつも気にかけてくれて、ありがとう。

映画論が合うお客さま。
貸して頂いていた何枚ものDVDを、やっとお返し。
観るのに時間がかかっちゃって、ごめんなさい!

本日最後のお客さまは、お菓子のテイクアウト。
帰りがけに、ドアのところでくるっと振り返って
「次はお茶を飲みに来ますね。この前飲みに来たとき、すごく楽しくて!」
と、ぱあっと花のような笑顔で笑いかけてくださいました。
楽しかったって、言ってもらったよー!!

たったいちにちで、しかも、ぱっと思い返して主だったことだけで
こんなに、良くしてもらってる。
みなさんに、たくさん幸せにしていただいてる。

本当に、感謝感謝、です。
[PR]

by kohakuchaka | 2015-11-08 23:24 | 雑記あれこれ  

ビストロ・アリエさんに行ってきました

先日、近くのプリザーブドフラワー専門店・フェリシアさんに
ご紹介頂いて、一緒に行ったビストロ・ALLIERさん。
栄橋町で12年営業されていましたが、今年2月に戎之町へ移転されました。
お店はすっきりして上品。
カウンター席もあるので、一人でも入りやすいですし
シェフはお気遣いに長けた明るい方です。

前菜からデザートまで、全部とっても美味しかったので
友達のお誕生日祝いで、また行ってきました♪

a0164049_2245466.jpg
コースのメインは、圧巻の、オマールエビ一匹まるごと!

活きているのを素早く調理してくれるので、香りも食感も抜群です!ホント美味しいですよ~♪


デートにも、女子会にも、おひとりさま利用にも向いています。
お隣はバーなので、二軒目にも困らなさそう。

ビストロALLIER(アリエ)
 堺市堺区戎之町東3-1-17
 072-223-5111
 日曜日定休
 営業はディナータイムのみです


堺東駅から徒歩10分。
私は、琥珀茶菓から歩いて往復しましたよ☆

お隣のバーは、月曜日定休だそうです。

More
[PR]

by kohakuchaka | 2015-10-27 18:44 | 雑記あれこれ  

非望

a0164049_125836.jpg
 あなたは傷つきやすすぎる、という


 そう言われるたびに、傷つく

 こんなに遠いのに、また遠ざけられるようで


 ぜんぶ消えてしまえばいいのに、と

 小さなかけらでもとっておきたい、の

 いつも、間にいる
[PR]

by kohakuchaka | 2015-09-29 10:04 | 雑記あれこれ